らんらんママのブログ
eimy istoire Rady EmiriaWiz好きのアラサーママのブログ
美容

ノンシリコンシャンプーって本当にいいの?【美容師が解説】

こんにちわ らんらんです。

初の美容関連の記事を書いていきたいと思います(^^)

美容学校を卒業し、美容師免許を取り数年美容師として仕事をしてました。

ちょうど仕事をしていた時に「ノンシリコンシャンプーブーム」が到来しました。

当時は「また新手の商品販売方法だなー」と思ってスルーしてましたが

結構お客さんに聞かれるんですよね。

「ノンシリコンシャンプーっていいの?」

「今まで使ってたシャンプーは良くないの?」

今もノンシリコンブームですが、正しい知識を持って本当にいいシャンプーを使って欲しいので解説していきたいと思います。

 

シリコンってなに?

シリコンとは簡単に言うとコーティング剤です。

シャンプーやトリートメント以外にもいろんなところで使われている材料です。

シャンプーなどに入ってるシリコンは、ジメチコンや○○コンと成分表に記載されてるものです。

シリコンは悪いものではなく、ツヤ出しや保護作用があるとっても便利な原料です。

髪のダメージに直接効果のあるものではなく、どちらかというとスタイリングに適しています。

シャンプーにより汚れを落とし、しっかり髪に栄養のあるトリートメントをした後に

保護膜を作りツヤ出しや静電気などから髪を守るために、シリコンが入ったリンスや洗い流さないトリートメントをつけることが正しい使い方です。

なぜシリコン入りのシャンプーがダメなのか

上で解説したように、コーティング剤になるので 汚れを落とす目的のシャンプーにコーティング剤が入っているとオカシイですよね。

頭皮に膜を塗っているのと同じです

サランラップを想像してもらえば分かりやすいです。

人間の頭皮は毛穴から油分が出て、1日で頭皮は詰まります。

だから、毎日シャンプーして汚れを取らないといけません。

汚れが詰まった頭皮にサランラップを敷いてしまうと、、突然頭皮は汚れにフタをし続けることになり

その頭皮は死んでしまいます。抜け毛になり、その後は髪は生えてきません。

大げさに言うとこんな感じです。

よって、シリコンが入っているシャンプーは汚れを落とすどころが

どんどん汚れを蓄積していき、最終的に頭皮を壊してしまうのです

また、コーティングし過ぎてしまった髪の毛はパーマやカラーリングの施術を邪魔してしまい、うまくパーマがかからなかったり、綺麗なカラーが入らなかったりしてしまいます。

ノンシリコンシャンプーを使うと良いの?

では、シリコンが入っていないシャンプーを使うことが良いのかどうかをご説明します。

実はコーティング剤ってシリコンだけではありません。

シリコンは代表的な1つであり、コーティング剤とは無数にあります。

これが販売側のマジックです!

「ノンシリコンシャンプー」と大きく宣伝しているシャンプーは

シリコンは使っていないが、他のコーティング剤は使用しています。という意味です。

本当に正しいのは「ノンコーティング剤シャンプー」です。

シリコン以外のコーティング剤には、プラスチックのようなコーティング剤もあります。

まとめ

まず「ノンシリコンシャンプー」と大きく宣伝されているシャンプーは、なんのコーティング剤を使っているのか怪しいのでやめた方がいいです。

シャンプーの成分表にシリコンが入っているシャンプーは頭皮によくないので、やめた方がいいです。

トリートメントやリンス、洗い流さないトリートメント、艶出しスプレーにシリコンが使われていても問題ないです。

シリコンは髪の毛を守り、ツヤを出してくれる良い成分です。

最後に

シャンプーは無数にあるので、一つ一つ見ていくのはかなり大変ですよね。

細かく言うと洗浄剤なども安価な物から高価なものまで存在します。

テレビCMや宣伝に費用を使っているシャンプーはその分、安い成分を使用していると思った方がいいです。

手っ取り早く安全なシャンプー選び方を次回紹介していきたいと思いますね(^^)

 

良いシャンプーの選び方 【美容師が解説】こんにちは らんらんです。 前回の美容の記事ではノンシリコンシャンプーについて、ご説明させていただきました。 https:/...
良いシャンプーの選び方 【美容師が解説】こんにちは らんらんです。 前回の美容の記事ではノンシリコンシャンプーについて、ご説明させていただきました。 https:/...